開催概要

9月26日、経済産業省は、第2回アジアグリーン成長パートナーシップ閣僚会合を、対面とオンラインのハイブリッド形式で開催しました。
本会合では、アジアと中東を中心とする20の国の代表と3の国際機関の代表の参加を得て、エネルギーセキュリティの確保、持続的な経済成長、カーボンニュートラルを同時達成するための現実的かつ多様なエネルギートランジションについて議論を深めました。また、アジアのエネルギートランジションのための民間ファイナンスのガイドラインや、トランジション技術をまとめたリストの発表など、官民による様々な取組の着実な進展を発信しました。そして、本会合の成果を、議長サマリーとして発表しました。会合の様子や発表された文書は、本ページ下部から御覧いただけます。

経済産業省プレスリリースはこちら

アジア・エネルギー・トランジション・イニシアチブ(AETI)

AGGPMが目指すビジョン

今回の会合では、世界のエネルギー情勢が大きく変化する中で、持続的な経済成長、気候変動対策、そしてエネルギーセキュリティを実現する、バランスのとれたエネルギートランジションの重要性について議論を深めます。
昨年発表した「アジア・エネルギー・トランジション・イニシアチブ(AETI)」に基づく官民の様々な取組の着実な進展を発信するとともに、AETIの加速化に向け、新たな支援策やプロジェクト等を発表する予定です。

1 パリ協定に基づく目標達成のために
アジアならではの道筋を描く

  • グリーン成長は
    共通目標
  • 同じゴールへの
    多様な道筋
  • パートナーシップによる
    課題解決

2 経済と環境が共存できる
「エネルギートランジション」を進める

  • 3Eの
    バランス重視
    (3E : Energy Security, Economical efficiency, Environment)
  • どの国も取り残さない
    エンゲージメントの提供
  • イノベーションの
    支援と普及

プログラム

第1部:閣僚ラウンドテーブル(16:00〜18:00)

基調講演

西村康稔
西村康稔
経済産業大臣

閣僚スピーチ

ナスルル・ハミド
電力・エネルギー・鉱物資源担当国務大臣、バングラデシュ
ハルビ・ビン・モハマド・ユソフ
首相府大臣、ブルネイ
タイ・ノリン
鉱物エネルギー省長官、カンボジア
フランク・デ・ロジャース
天然資源省副大臣補、カナダ
アリフィン・タスリフ
エネルギー・鉱物資源大臣、インドネシア
ジャバード・オウジ
石油大臣、イラン
ムハンマド・アル・ファーリス
石油大臣、クウェート
シナヴァ・スパヌフォン
エネルギー鉱業副大臣、ラオス
トゥンク・ムハマド・タウフィック
ペトロナス社長兼グループCEO、マレーシア
サーリム・ビン・ナースィル・ビン・サイード・アル・ウーフィー
エネルギー・鉱物資源大臣閣下、オマーン
クラム・ダスタギール・カーン
電力担当大臣、パキスタン
ラファエル・パルパトゥオ・ロティリヤ
エネルギー大臣、フィリピン
サアド・シェリダ・アル・カアビー
エネルギー担当国務大臣、カタール
イヤド・ジュブラン
エネルギー省気候変動チーム・アドバイザー、サウジアラビア
タン・シーレン
第二貿易産業大臣、シンガポール
スパッタナポン・パンミーシャーウ
副首相兼エネルギー大臣、タイ
スルタン・アフマド・アル・ジャーベル
産業・先端技術大臣兼アブダビ国営石油CEO兼気候変動特使、UAE
アフメドホジャエフ・アジム
エネルギー省次官、ウズベキスタン
グエン・ホン・ジエン
商工大臣、ベトナム
ダト・リム・ジョック・ホイ
事務総長、ASEAN事務局
西村 英俊
事務総長、ERIA
ファティ・ビロル
事務局長、IEA

幕間:アジアエネルギートランジションベストプラクティスの紹介(18:00〜18:30)

アジア・中東のエネルギートランジションに資する、日本企業による様々な取組について御紹介します。

第2部:民間ラウンドテーブル(18:30〜20:25)

セッション①トランジション・ファイナンス(18:30〜19:15)

アジア・トランジション・ファイナンス・ガイドライン最終報告&技術リストの発表

アジア・欧米の主要民間金融機関や政府関係機関が参加するスタディ・グループでまとめられた、アジアのエネルギートランジションのためのファイナンスのガイドラインや、トランジションに資する技術をまとめたリストの発表が行われます。

プレスリリース(PDF)
中濱 文貴
中濱 文貴
三菱UFJ銀行 取締役常務執行役員兼グローバルCIB部門長
西村 英俊
西村 英俊
ERIA事務総長

AETI、ATFに関連するファイナンス支援の取組・方針の紹介

アジア・エネルギー・トランジション・イニシアチブ(AETI)及びアジア・トランジション・ファイナンス(ATF)に沿ったファイナンス支援の取組・方針についてNEXI及びJBICからの発表が行われます。
黒田 篤郎
黒田 篤郎
NEXI代表取締役社長
内田 誠
内田 誠
JBICインフラ・環境ファイナンス部門 常務執行役員 部門長

セッション②AETI関連企業間MOU署名式(19:15〜20:25)

アジアのエネルギートランジションに資する事業のための企業間MOUへの署名が多数行われます。

プレスリリース一覧

副大臣挨拶

太田 房江
太田 房江
経済産業副大臣

第3部:スペシャルメッセージ(20:25〜21:35)

スペシャルメッセージ ~アジアでのトランジション・ファイナンス/イノベーションの重要性~

アジアにおけるトランジション・ファイナンスやイノベーションの重要性について、世界の金融界を中心とした要人からメッセージをいただきます。
Mr. ASAKAWA Masatsugu
Mr. ASAKAWA Masatsugu
Asia Development Bank (ADB)
”エネルギーは経済成長に不可欠であり、エネルギー安全保障は今や世界中で重要な課題となっています。これは、開発途上国にとって大きな懸念事項です。特に途上国は、エネルギー市場の不安定さに対して脆弱です。“
Mr. Paul Everingham
Mr. Paul Everingham
Chief Executive Officer, Asia Natural Gas & Energy Association, Singapore
“エネルギー効率と再生可能エネルギーだけでは十分ではなく、石炭よりもガスを開発することが、排出量目標とエネルギー安全保障を両立させるために不可欠です。一部の多国籍金融機関は、ガス開発への支援から手を引いているが、今こそこの支援を復活させるべきです。”
Mr. Jaideep Khanna
Mr. Jaideep Khanna
Head of Barclays, Asia Pacific
“アジア・トランジションファイナンス スタディグループ参加者の努力に基づくアジア・トランジション・ファイナンスガイドラインの初版は、グローバルなものを含む既存の枠組みを補完し、特にアジアのトランジションファイナンスに関連する課題に対処します。”
Mr. Nadir Godrej
Mr. Nadir Godrej
Chairman of Godrej Industries Ltd. and Godrej Agrovet Ltd.
”技術が飛躍的に進歩すると、グリーンエネルギーは非常に安価になります。(・・・)テクノロジーは目標達成を可能にしますが、先進国は道を切り開き、新しい双方の利益のためにお金を払うことで、これまでの埋め合わせを行うことができるのです。技術基金が必要であり、発展途上国は恩恵を受けることができます。”
Mr. HAYASHI Nobumitsu
Mr. HAYASHI Nobumitsu
Governor, Japan Bank for International Cooperation
“トランジションファイナンスは、AETIを支える最も重要な要素の一つであり、パリ協定の目標に沿った公正かつ秩序あるトランジションを加速させるための大きな役割を担っていると考えております。”
Ms. Verena Lim
Ms. Verena Lim
CEO, Macquarie Group Asia
“トランジションは責任ある方法で行う必要があります。業界、金融、政府が協力して、高排出産業を持続可能な道筋、政策関与の枠組み、革新的な資金調達ソリューションに則するように導くためのプラットフォームが必要です。”
Mr. Eugene Weng Soon WONG
Mr. Eugene Weng Soon WONG
Chief Executive Officer, Sustainable Finance Institute
“各国の出発点と状況はそれぞれ異なるため、単一の世界的なトランジション方法を採用することは非常に困難です。トランジションに不可欠な要素に関する一般的に受け入れられるアプローチを合意する必要がありますが、さまざまなセクターや国に固有の基準が必要になります。これにより、トランジションとそれらへの資金提供が停止されるべきではありません。”
Mr. Bill Winters
Mr. Bill Winters
Group Chief Executive, Standard Chartered
“ブレンドファイナンスは、リスクを軽減し、民間投資を引き付けるための重要なツールですが、その投資を拡大するには、より大きなイノベーションに取り組む必要があります。”
Ms. KOIKE Yuriko
Ms. KOIKE Yuriko
Governor of Tokyo
“危機をチャンスに変える発想で、優れた技術を成長産業に振り向ける。成長が見込まれるグリーン分野のスタートアップへの支援や、新エネルギーの普及に資する製品開発の後押し、金融面での取組など、GXに向けて、施策を力強く推進します。”
Mr. Jesper Koll
Mr. Jesper Koll
Expert Director for the Monex Group and the Japan Catalyst Fund
“私たちは、国際開発金融機関のビジネスモデルを改革する必要があります。(・・・)アジア開発銀行をはじめとする国際開発金融機関が市場にもたらす情報の優位性や専門性を活用し、世界の投資家が実際にプロジェクトに参加できるようにする必要があります。そこで、ローン・アンド・ホールド・モデルからシンジケーション・モデルに移行し、国際開発金融機関が主導するブレンド・ファイナンス・モデルに移行するのです。”
Dr. Mari E. Pangestu
Dr. Mari E. Pangestu
Managing Director for Development Policy and Partnerships, World Bank
“この重要な時期に、私たちは、バランスの取れたエネルギー転換を通じて、アジアにおける持続可能な成長と脱炭素化の両方を達成しようとする日本政府のイニシアチブを歓迎します。”

閉会挨拶

南 亮
南 亮
首席国際カーボンニュートラル政策統括調整官

過去のイベント

2021年に開催されたAGGPM2021のサイトはこちらからご覧ください。

2022年に開催された第1回AGGPM官民フォーラムのサイトはこちらからご覧ください。